テーマ:着物

愛着のある着物②

若い頃、初めて展示会で買った草紫堂の紫根染めです。 あの頃は貧乏だったので毎月5~6万円を振り込んで、数か月後やっと買えた時は すごく嬉しかったのを覚えています。 まだクレジットカードとか持ってなくて。 近所の呉服屋さんで素敵な小紋に一目惚れした時も、毎月3万円づつ払いに行って 数か月に仕立てて貰ったっけ。 余計に愛着が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久々に銀座

久々っていうのは多分7、8年ぶりですが、すごく変わりましたねー 若い頃は銀座大好きだったけど、物欲が無くなって芝居も観に行かなくなり、 中華系の爆買いツアー民御用達になってからは、足が遠のいてしまって。 もうすっかりお上りさん気分ですよ、キョロキョロしちゃったわー 用事があったのは銀座志ま亀さん。路面店から移転後、初めての訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛着のある着物

いつも家で着ている着物。縞の本結城です。 元はおじいさんの羽織でしたが、誰も着ないので着物に仕立て替えました。 上等なスーツの生地みたいな結城は、カッコいい着物に生まれ変わりました。 真綿を手で紡ぎ出した本結城は、柔らかく体に沿ってとても着易いです。 矢印の部分。接ぎが入っているの分かります? 通常、羽織から着物には仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のキモノ

羽織が出来上がってきました。 古い紫根染の着物を羽織に仕立て直したものです。 羽織丈は2尺1寸、長羽織が流行りの昨今では短めですが背の低い私には このくらいがベスト。 それに通常、着物からの仕立て替えは衿の中心に接ぎが入るのですが この羽織には接ぎはありません。たぶん衿で長さが足りたのだと思います。 羽裏は大昔に70…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のキモノ

草紫堂のお着物見に行きたいんだけど、このご時世で催事が全然無くて、 さすがに盛岡まで行くのはなぁ、と思っている今日この頃。 紫根染の着物は数枚持っているけど、これは白場が多めタイプ。 帯合わせがし易いです。同じく紫根染の千鳥の帯を合わせて。 次に買うなら逆に紫が多いタイプがいいな。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のキモノ

せっかく小千谷縮の身幅を直したのに、結局着る機会がなかったこの夏・・・ ようやく袷の季節になって、ウキウキと家の中でも着ています~ 家ではもっぱら紬。これは型染めです。 柔らかものは家で着る気になれないのよねー、やっぱ気を遣っちゃう。 普段は補正などもせず、多少グズグズでも気にしない。所詮は衣服なんだし。 帯も半幅帯を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3/22 今日のキモノ

  ・・・いや、こんなコト、してる場合じゃないんだけどーっ! 引っ越しに向けて鋭意断捨離中・・・ 増えに増えた着物&帯は桐箪笥3竿分、(ま、お稽古も長いことやっていたからねぇ・・・) アヤノちゃんに似合いそうなのあるけど、サイズ全然ダメだわ~ 男物を仕立て直した本結城と紫根染の帯 整理するつもりが、ついつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2/26 今日の現場(とキモノ)

まずは今日の現場 足場と青いカバーが取れて、外壁が姿を現しました。 ストリングボーダーの白と、スティックボーダーのナチュラルアイボリーⅡです。 1Fベージュの部分は、おじさんの工場になります。 工場はただの土間仕上げなので、あまり見どころはないです。 玄関脇にエンブレムが貼られていました {%ハート1webry…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4/19 今日のキモノ

  去年の暮れに仕立てた結城紬の長着です・・・ 御所解き文様の縮緬名古屋帯を合わせて。 正確には「仕立て直し」した着物です。元々はおじいさんの羽織でした。 接ぎが入っているの、分かりますか? 前後の見頃に残布を使って接ぎを入れ、身丈を伸ばしています。 接ぎの部分は、着た時にちょうど、おはしょりの下に隠れるようにな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3/26 今日のキモノ

  東京は昨日、桜の開花宣言が出されました。 桜の着物(か帯)がちらっと頭をよぎったけど、 この時期、いかにもな感じなのでやめた・・・ 桜じゃないけど、どことなく春を思わせるコーディネイトはby志ま亀 着物はお軸の柄、帯は扇面です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4/19 今日のキモノ

ちょっと肌寒かったので、ぼってりした縮緬の小紋をチョイス。 季節ものなら、今は藤なんかもいいでしょうねぇ~ でもあれこれ引っ張り出しているヒマがなかったのでした・・・ 着物は季節を問わない何でも有りの柄、久我や渋柿庵。帯は川島織物の名古屋帯。 今日は茶席の着物風です・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3/9 今日のキモノ

この日、梅柄の大島で滑り込もうとしたのですが、 春を通り越して初夏の気候?? 今年遅かった梅はすでに満開の見頃を迎え・・・ ひな祭りも過ぎてるし、今更感が拭えず、「梅、撤収~」。 期待を込めて、シーズン初登板の桜ちゃん! 白地にブルーの絣で束ね熨斗を織り出した本結城に、若草色の染め帯。 お…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2/25 今日のキモノ

  鮮やかなブルーに細かな蒔き糊が、まるで空から小雪が舞い落ちるように見える牛首紬です。 こういうセルリアンブルーって、着物の色としては意外だけど、不思議にしっくりくるんですね。 黒地の塩瀬の帯に、金銀の箔で染めた笹模様。 紬には普通、光りモノは合わないとされているけど、つるっとした光沢が特徴の牛首紬には この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/10 今日のキモノ

  帯合わせと着物の点検を兼ねて、久々によそ行きの着物なんぞ引っ張り出す・・・ 前日の夜になって慌てないための、衣装リハーサルです^^ 野口さんの卵色の付下げに、川島織物の袋帯。 仕立てた当時とはだいぶ体型が変わってしまったので、普段はほとんどしないんだけど 胸とウエストにタオルを入れて補正しました。 とりあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more