水を押さえる

木曜日の夜マス、メインは100m×6本、2分20秒サイクルだった。
ちなみにみんなは2分です。私だけ緩いんだけど、それでも回れるかどうかちと怪しい。
Nセンセに目で訴えたら、「大丈夫ですよ、最悪でも2分15秒くらいじゃないですか」。
ちなみに2分5秒くらいなんですけど。ま、どんだけクロール遅いんだって感じですが。

・・・でも頑張りました。
1本目1'56"からスタート、55"、54"、54"、56"、57"でした。最後落ちちゃったけど
いつもより速いってNセンセが褒めていたそうです。「どうしちゃったんでしょうかねぇ?」って。
いや、その褒め方、ビミョーなんですけど。。。

コーチはよく、「入水したら水を押さえる」って言うけどこの「押さえる」が今だによく分からない。
押さえるってことは何かしら反発を手に感じるはずだけど、まだその感覚に確信がない。
が、この日は一瞬、伸ばした手が斜め前方に引き込まれて、身体ごと滑り込む感覚があって
それを探りながら泳いだらあのタイムだったのよね。
これなのか、な?
そして次に続く、キャッチとは何ぞや?








この記事へのコメント