おじさんの場合

一方おじさんのコソ練も、私の上を行くリア充なのでした。
その練習会は、アップからしてすでにおじさんのベストよりサークルが短いという・・・
参加者の中でも一番泳げないカテゴリーで、しかもそのメニューはおじさん一人。
1時間で2700mくらいだから、休むヒマなし。
1本ごとに自分で自分にスタート出しして「はい」と答える、自問自答みたいな練習を
黙々とこなしているそうな。毎回ヘロヘロになって帰ってくるけど、身体が慣れた頃、
きっとひと皮剥けてピカピカすべすべなおじさんになっているハズ。



この記事へのコメント